貝殻節考
 

ホーエンヤ祭り海上行列(昭和のはじめ〜戦前の頃)

〜 賀露神社HPより 〜


「何の因果で貝殻こぎなろた 色は黒なる身はやせる」 イタヤガイ漁の辛さを唄った労作歌貝殻節は、橋津、泊、青谷、浜村、賀露に伝わっていると聞く。その起源は不明だが、不思議な魅力を持つ唄である。

昭和初期の新民謡ブーム時につくられた浜村の貝殻節は、映画夢千代日記で全国的に有名になった。賀露の貝殻節は民謡家浜沢長三郎氏により力強い民謡にアレンジされ、橋津では労作歌特有の素朴な節回しの貝殻節が伝えられている。地域や時代によって、歌詞やお囃子も変化しているようだ。

江戸期以降のイタヤガイ大発生は明治4年。その後小発生を繰り返し、大正13年には明治4年を上回る大発生があった。一方海運業で発展した鳥取の港は、明治以降陸路の整備とともに商用機能が衰え、明治末期に山陰線が開通した後はほとんど衰退した。現在唄われている貝殻節は、港の人々が漁業へ活路を求めたこの時代に形が整ったのかも知れない。

「自分の意に沿わずに漁師になったが、辛い仕事に負けそうだ。しかし私の気持ちを知って笑顔で送り出してくれる母や、帰りを待ってくれる愛しい妻子のためにやめることはできない。この港でずっと苦労を続けている漁師たちのように」 労作歌が愛の唄に聞こえた。

 日本海新聞 2018.9.28掲載

おやじの貝殻節考 

2018年5月、町内の方より「賀露誌映像ライブラリー」というDVDをお借りしました。そして、DVDに集録されている賀露漁民に伝わる「貝殻節」にたいへん興味を持ちました。それ以降、貝殻節の節回しがしばらく頭から離れません。
貝殻節についてネットで検索したところ、「青谷元唄貝がら節物語」というホームページを知りました。そこに掲載されている貝殻節の研究に感銘を受け、ますます貝殻節について知りたくなったのです。

いったい貝殻節は、いつの時代に、どこで、誰がつくったのでしょう?
あれこれと調べてみたものの、結局よくわかりません。よくわからないことばかりですから、最後は自分勝手に解釈し、納得してしまいました。これは妄想ともいえる暴挙です。でも、所詮はおやじのつぶやきですので、誰にも迷惑をかけることではないでしょう。
我がままおやじの、おやじ的貝殻節考をご紹介します。 

 
大正15年(1926)当時の賀露港の様子 賀露神社HPより

いったい貝殻節は、いつの時代につくられたのでしょう?
賀露誌には、「文化・文政年間(1804〜30)のころ、賀露の漁師によって唄いだされたものと古老が伝えている」とあります。また青谷元唄貝がら節物語には、「賀露のホーエンヤ貝がら節について賀露神社の岡村宮司の話によると、唄の節回しは、賀露神社の禰宜唄※に貝がら漁の歌詞が着いたが、いつ出来たかは不明」とあります。
地元の記録誌や宮司さんのお話というのは、説得力を感じます。しかし結局、それ以上追及することはできませんでした。

※「禰宜唄」の禰宜(ねぎ)とは神職の職名の一つで、宮司を補佐する者の職。室町時代の職人を題材とした職人歌合『七十一番職人歌合』の中に「禰宜」と「歌」の二つのキーワードが見つかりましたが、「禰宜唄」というのは分かりませんでした(宿題です)。

では、どこでつくられたのでしょう?
青谷元唄貝がら節物語には「貝殻節は橋津、泊、青谷、浜村、賀露に伝わっている」とあり、お囃子言葉から「青谷がルーツ」との見解には頷けます。一方、賀露では「賀露がルーツ」と伝えられ、湯梨浜町の「ふるさと橋津」という記録誌には、「港のあった橋津や泊にも(貝殻節は)あった」とあります。
賀露神社の宮司さんのお話の中に「賀露のホーエンヤ貝がら節について」と前置きの記載がありますので、「前述5地区それぞれに貝殻節のルーツがあり、賀露の場合、それがホーエンヤ節だった」と、理解すればよいのかもしれません。

さて、誰がつくったのでしょう?
貝殻節は民謡です。民謡とは「不特定多数の民衆によって自由に伝承されているうちに自然と形になった歌の総称(ウィキペディア)」ですので、ここも無難に「不明」と整理したいです。

以上、ざっくりと整理してみたのですが、これではまったく面白くありません。
もっと勉強が必要なようです。

全国的に有名な浜村の貝殻節は、昭和7年に作曲家三上留吉が採譜し、松本穣葉子が新しく作詞して、翌8年2月レコードになりました。地元に伝わる貝殻節として記録されているものには、賀露では昭和60年に録画された賀露町の網尾一男さんが伝える貝殻節(賀露誌映像ライブラリー)、橋津には「ふるさとの文化を守る会」が記録している貝殻節があります。
賀露の民謡家浜沢長三郎さんは賀露に伝わる貝殻節に新しく歌詞を加えたり、追分の節を入れたりして芸術性を高め、その唄は浜村の貝殻節と並んで唄い継がれています。
ここでは網尾一男さんが伝える賀露の貝殻節を念頭に置いて、背景などを少し調べてみました。

鳥取県史によると、貝殻節のテーマである「いたやがい」は明治4(1872)年に大発生し、漁村の不況を救ったそうです。その後小発生を繰り返しながら、大正13年には明治4年をしのぐ大発生があり、昭和4年頃まで漁が続いたとのこと。
明治以前は、天保5(1834)年、嘉永6(1853)年に大発生したという記録があります。天保5年から明治4年まで約20年ごとに大発生していますので、天保5年の前の大発生は文化・文政年間(1804〜30)ということになり、賀露誌が伝える貝殻節ルーツに、なんとなく整合するように思います。

前述の賀露神社岡村宮司の話の中に「(貝殻節の)間のお囃子にヤーレ巻いたソーレ巻いたとあるから、早くから「カグラサン」を船で使っていたのではと考えられる」とありました。
カグラサン(神楽桟)とは人力ウィンチのことで、鯨の引き上げや植樹の移動などに使った道具です。
私は「ヤーレ巻いたソーレ巻いた」というお囃子の貝殻節を聞いたことがありません。しかし網尾一男さんの貝殻節のお囃子には「ヤーレ押せソーレ押せ」とありますので、やはりカグラサンを使っていた頃の様子が盛り込まれたものだと思います。
青谷元唄貝がら節物語には、「大正中期の頃もカグラサンを使っていた」とありますので、現在の貝殻節が整えられた年代は、江戸時代後期から大正中期まで幅広く考えなければならないでしょう。

 
神楽桟 長井市古代の丘資料館HPより

もう少し、歴史を調べてみました。
鳥取県史には、藩政時代の漁業制度には沖漁と磯漁があり、沖漁が許されていた漁村は、因幡国では大羽尾、網代、田後、船磯、酒ノ津、夏泊とあります。この制度は明治初期まで続いています。でも賀露の名前がありません。賀露は磯漁だったのでしょうか。
賀露港は、主に海運業で発展した港です。明治以降陸路が整えられ商港としての機能が衰え、港の住民は漁業へ活路を求めるようになりました。明治45年に山陰線が開通した後は、海運業はほとんど衰退しています。大正13年のイタヤ貝大発生の際には、県内漁業者が一斉にイタヤ貝獲りに転換したとのことですので、この時期、賀露の漁師の世界に大きな変革があったと考えます。

そこで、賀露のイタヤ貝漁が盛んだった時期は、たぶん大正13年以降だろうと考えました。賀露のホーエンヤ節が文化・文政時代につくられたものだとしても、歌詞や節回し、お囃子は時代とともに変化したはずです。現在伝わっている貝殻節は、大正後期から昭和の初めにかけて整えられたのではないかと思うのです。
賀露貝殻節の元唄を伝える網尾一男さんは明治の終わりか大正の初めに生まれた方ですので、当時の唄の原型をほぼ伝えることができたのではないでしょうか。

 
大正初期の底曳船 賀露神社HPより

文化芸術にはまったく疎いおやじが、貝殻節のルーツを探ることは至難の業です。
鳥取市公式ウェブサイトには、貝殻節のルーツがきちんとまとめられていますので、更に下手な考察を加える必要はなさそうです。
しかしおやじ的には、大きな疑問が浮かんでいました。この歌詞をつくった人のことです。

引っ掛かったのは、「なんの因果で貝殻こぎなろた 色は黒なる身はやせる」というフレーズです。
その当時の漁師が、漁師の家に生まれて漁師の仕事を引き継いだことを、「何の因果で」と改めて疑問に思うでしょうか。例えそれまではイタヤ貝漁ではなく他の漁をしていた漁師だったとしても、漁師が「イタヤ貝漁のおかげで、色が黒くなり、身が痩せる」と嘆くでしょうか。
もしかしたら、この貝殻節の歌詞は、漁には縁がなかった人間がイタヤ貝漁師になってからつくった歌なのかもしれません。
もしそうだとしたら、それは大正13年の大発生以降のことで、そこには新民謡ブーム※の影響があったのではないでしょうか。

※新民謡とは、「大正期後半(1920年頃)から昭和期にかけて、地方自治体や地方の企業などの依頼によって、その土地の人が気軽に唄ったり踊ったりできて愛郷心を高めるため、またその地区の特徴・観光地・名産品などを全国にPRする目的で制作された歌曲(ウィキペディア)」とあります。浜村の貝殻節も新民謡というジャンルに入っています。

民謡の元唄には、現に唄われているものとはかなり異なるものが多々あります。賀露の貝殻節は、新民謡と同様にたいへん整った歌詞や節回しです。完成された民謡であり、かなり近い年代に作られたのではないかと思ったわけです。
賀露に伝わる労作歌に「舟曳唄」がありますが、こちらは泥臭くて漁師の力強さが込められており、貝殻節のような繊細な節回しではありません。
また、賀露の貝殻節に限らず、浜村や橋津に伝わる貝殻節には労作歌にはあまり似合わない歌詞があります。つまり貝殻節は、他の地元労作歌とは少々ルーツが異なっているのではないかと考えてしまったのです。

もう一つ気になるのが、お囃子です。お囃子も地域により少しずつ違いが見られますが、「ヤサホーエイヤ、ホーエヤエー」という部分はほぼ共通です。これは青谷元唄貝がら節物語に指摘されているように、「貝が沢山取れて、漁師が共に豊に栄えますように」という願いが込められているに違いないでしょう。併せて、地元で働く漁師たちへのねぎらいや「愛し妻子」のために稼がなければならないという意気込みも感じられます。

大正から昭和にかけて、大正ロマンという言葉に表されるように、個人の解放や新しい時代への理想に満ちた風潮が現れました。しかし賀露の漁師たちは、貧困と辛い労働を強いられていました。その中で、やむを得ず漁師として働かなければならなかった人たちの労苦は、想像を絶するものだったでしょう。
その時生まれたのが労作歌貝殻節だった、としたら・・・
ただ労苦を嘆くだけでなく、自分を支えてくれる家族への愛を込めたものだった、としたら・・・
更に過去からずっと引き継いでいる漁師の労苦を改めて伝えるための力強いメッセージだった、としたら・・・

YouTubeを検索すると、ジャズ調やフォーク調など様々な形にアレンジされた貝殻節を楽しむことができます。
しかし地元に伝えられている貝殻節が再びアレンジされることはないでしょう。
労作歌であり家族への愛の歌でもある「貝殻節」が、今後もずっと唄い継がれることを願うばかりです。

 
イタヤ貝豊漁の様子 賀露神社HPより

【参考資料】
貝殻節 唄 網尾一男
貝殻節 唄 浜沢長三郎
貝殻節 橋津 貝殻節元唄
夢千代日記の故郷、湯村温泉から、鳥取県民謡、貝殻節 YouTube
青谷元唄貝がら節物語
民謡「貝殻節」 鳥取市公式Webサイト
鳥取伝統芸能アーカイブス
賀露誌 P312
鳥取県史 経済編 P403〜405
ふるさと橋津 P162〜163
「貝がら節祭り」に関する調査報告

<目次へ>